スマートフォン版へ

【ジャパンC見どころ】三冠馬3頭が激突!空前絶後の一戦を制するのはどの馬か

  • 2020年11月24日(火) 10時02分
 東京競馬を締めくくる大一番に、芝GI・8勝の牝馬三冠馬アーモンドアイ、無敗のクラシック三冠馬コントレイル、無敗の牝馬三冠馬デアリングタクトが相まみえる。果たしてどんな一戦になるのか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/29(日) ジャパンC(3歳上・GI・東京芝2400m)

 アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は2018年の牝馬三冠馬で、前走の天皇賞(秋)を制し史上初となる芝GI・8勝目を達成した。東京は他にも2018年の本レースなどGI・5勝をあげている得意コース。これが引退レースとなるが、後輩の三冠馬を破り花道を飾ることができるか。鞍上はC.ルメール騎手。

 コントレイル(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)は前走の菊花賞で並ばれてからもう一伸びして見事勝利。史上3頭目の無敗クラシック三冠を達成した。長丁場を走り切った後とあって状態面が気になるものの、強力な古馬や牝馬三冠馬撃破に大きな期待が掛かる。鞍上は福永祐一騎手

 デアリングタクト(牝3、栗東・杉山晴紀厩舎)は前走の秋華賞を制し、史上初の無敗牝馬三冠を達成。今回は相手が一気に強化されるが、広い東京コース替わりはプラスで、斤量53kgも追い風となるだろう。デビューから続く松山弘平騎手とのコンビで、史上3頭目の3歳牝馬VとGI・4連勝を目指す。

 その他、昨年の2着馬カレンブーケドール(牝4、美浦・国枝栄厩舎)、昨年の香港ヴァーズ覇者グローリーヴェイズ(牡5、美浦・尾関知人厩舎)、昨年の菊花賞馬で有馬記念・3着以来となるワールドプレミア(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、今年の阪神大賞典など重賞3勝のユーキャンスマイル(牡5、栗東・友道康夫厩舎)、宝塚記念で2年連続2着のキセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す