スマートフォン版へ

【ジャパンC】3強決戦勝つのは?競馬関係者にアンケート 一番多かったのは…

  • 2020年11月24日(火) 16時41分
 「ジャパンC・G1」(29日、東京)

 徐々に盛り上がりを見せてきた。史上最多の芝G1・8勝を挙げ、現役最強馬に君臨するアーモンドアイ、史上3頭目となる無敗の牡馬クラシック三冠馬コントレイル、史上初の無敗牝馬三冠馬デアリングタクトが激突。関係者にアンケートを行ったところ、プロからはアーモンドアイを推す声が多く聞かれた。世紀の一戦で、貫禄の違いを見せつけるか。

 東西トレセン関係者に匿名アンケートを実施。『3強のうち、勝つならどの馬?』というテーマで聞き取り調査を行った。

 有効回答数は71。その半数近くを占めたのはアーモンドアイだった。某調教師が「レース経験、戦ってきた相手関係、騎乗するジョッキー、全てを総合的に判断するとこの馬が上に来る。スタンド前発走のジャパンCはなおさらでしょう。これまでのレース経験がモノを言うのでは」と言うように、キャリアの差を挙げた関係者が多かった。

 また、「引退レースで目イチだろう」と遠慮のない仕上げにも期待が集まっている。「この馬に一番乗ってみたいから」という某騎手の意見もあった。

 コントレイルには「しまいの脚が同世代の牡馬とは全く違う」「府中の二四適性は3強で一番。負ける姿は想像できない」と実力を絶賛する一方、「タフな菊花賞のあとで…」と疲れを心配する声も少なくなかった。

 デアリングタクトは「53キロは有利」「他の2頭は悩んだ末に出走を決断したが、この馬は早々と参戦を表明したから」と斤量やローテ的余裕が支持されたものの、「同時期のアーモンドアイと比べると、そこまでのすごみは…」という見方もあった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す