スマートフォン版へ

【ジャパンC】デアリングタクト順調度3強ナンバーワン! 松山納得

  • 2020年11月26日(木) 07時00分
 「ジャパンC・G1」(29日、東京)

 やはり、無敗三冠馬の底力はダテじゃない。三冠牝馬デアリングタクトは25日、松山を背に朝一番の栗東坂路へ。鞍上との呼吸をピタリと合わせ、実にリズム良く、かつ力強いフォームで登坂した。全ては青写真通り-。順調度は3強の中で間違いなくNo.1だ。

 無敗の三冠牝馬デアリングタクトは25日朝、松山を背に朝一番の栗東坂路で最終追い切りを行った。馬場のやや外めを単走。すがすがしい朝日を浴びながら、気分良く駆け上がった。手応えに余裕を残しつつも、脚さばきは実にパワフル。迫力満点のフォームで4F54秒7-39秒7-12秒7のタイムを刻んだ。

 鞍上は「輸送もあるので、今週は馬のリズム重視で。すごくいいフォームで走っていましたし、いい追い切りができました」と納得の表情だ。追い切りにまたがるのはいつものパターン。「1週前(18日)にしっかりと負荷をかけて、その時も動けていましたからね。乗っている感覚としては、(前走よりも)良くなっているなと感じました」と確かな上積みを感じ取った。

 今回は中5週での競馬。桜花賞オークスV時と同じローテだけに、ノウハウは蓄積されている。杉山晴師は「春先の調整を踏襲する形で進めてきました。今に至るまで順調に来ています。今回はチャンピオンホースに挑むことになりますが、恥ずかしくない状態でレースに臨めると思います」と仕上がりに胸を張る。まさに青写真通り。寸分の狂いもなく調整は進んでいる。

 空前絶後の頂上決戦。そこへ3強の一角として駒を進めるが、「過去の無敗の三冠馬を見ても歴史的名馬しかいないように、コントレイルが強いのは分かっています。アーモンドアイも近年の日本を背負ってきた、国を代表する馬。そこにデアリングタクトが挑戦する、という認識でいます」とトレーナー。あくまでも挑む立場であることを強調した。

 決戦まであと3日-。「競馬の日までしっかり調整していく」と指揮官は気を引き締める。「最強」の二文字を求めて、最後のその時まで一点一画もゆるがせにしない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す