スマートフォン版へ

京都金杯、関東馬のマイネルスケルツィが制す

  • 2007年01月06日(土) 15時45分
 6日、京都競馬場で行われた京都金杯(4歳上、GIII・芝1600m)は、柴田善臣騎手騎乗の7番人気マイネルスケルツィ(牡4、美浦・稲葉隆一厩舎)がスタートからハナを奪い、8番人気エイシンドーバーの追撃を1.1/4馬身差抑えて逃げ切った。勝ちタイムは1分33秒9(稍重)。さらにハナ差の3着には2番人気サクラメガワンダーが入り、1番人気に支持されたキンシャサノキセキは6着だった。

 勝ったマイネルスケルツィ父グラスワンダー母アラデヤ(その父Machiavellian)という血統。03年北海道市場オータムセール当歳にて1000万円で落札されていた。3歳時にニュージーランドT(GII)を制し、秋のマイルCS(GI)でも16番人気ながら4着に好走するなどマイル路線で活躍。前走の阪神C(GII)では、勝ったフサイチリシャールから0.1秒差の3着に入りここに臨んでいた。なお、関東馬が同レースを制したのは史上初となった。通算成績13戦4勝(重賞2勝)。

 鞍上の柴田善臣騎手ビッグゴールドで02年中山金杯(GIII)を制しており、今回の勝利で騎手としては史上初の東西金杯制覇となった。また、オレハマッテルゼで制した06年京王杯SC(GII)以来の重賞制覇で、JRA重賞通算72勝目。管理する稲葉隆一調教師は同馬で制したニュージーランドT以来の重賞制覇で、通算では10勝目となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す