スマートフォン版へ

アーモンドアイ 繁殖入り初年度はエピファネイアと種付けへ 吉田代表「有力」

  • 2020年11月30日(月) 19時05分
 自身のラストランとなったジャパンカップを圧巻のG1V9で飾ったアーモンドアイの生産者であるノーザンファームの吉田勝己代表(72)は29日、来春に繁殖入りする同馬の初年度の花婿候補について、「エピファネイア父シンボリクリスエス母シーザリオ)が有力かな」と話した。エピファネイアは16年に種牡馬入り。初年度産駒から無敗の三冠牝馬デアリングタクト菊花賞2着アリストテレスを輩出している。

 パドックでの落ち着きを見て、「走る前から勝てると思った」と勝利を確信していたという。「5歳牝馬で、ここまで走れるのは大したもの。いいスタートを切れたのが良かったね。これだけの馬は二度と見られないかもしれない」と名残を惜しんでいた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す