スマートフォン版へ

米種牡馬タピザーを日本で導入へ

  • 2020年12月01日(火) 15時06分
 北海道新冠郡新冠町にある株式会社優駿は、アメリカでチャンピオンホースを送って注目を集めるエーピーインディ系の人気種牡馬タピザー(2008年生まれの12歳、アメリカ・ケンタッキー産、鹿毛)を導入し、2021年シーズンより北海道新冠郡新冠町の優駿スタリオンステーションで供用することを決定した。

 タピザーはアメリカで2歳〜4歳時に14戦してG1ブリーダーズカップダートマイル(ダート1600m)、G2サンフェルナンドステークス(ダート1700m)、G3シャムステークス(ダート1700m)など6勝を挙げて、2013年よりケンタッキーのゲインズウェイファームにて種牡馬供用された。

 血統は父がエーピーインディ系の人気種牡馬で、アメリカでチャンピオンサイアーに輝いたタピット(その父プルピット)、母はデピュティミニスターの娘のウイニングコール。

 牝系はG1セクレタリアトステークス優勝、G1ケンタッキーダービー3着のパディオプラード、G1ケンタッキーオークス、G1ブリーダーズカップディスタフなどG1だけで5勝を挙げてアメリカ最優秀3歳牝馬に輝いたアンタパブル、G1フューチュリティステークスを8馬身1/4差で圧勝し、種牡馬としても成功するキュヴェ、G1ハリウッドダービーのオリンピオ、G1NHKマイルカップラウダシオン、それに本邦輸入種牡馬パイロなどを送り出す注目のファミリーラインである。

 種牡馬となって、その2年目の産駒から2018年のエクリプス賞最優秀3歳牝馬に輝いた名牝で、G1ブリーダーズカップディスタフ(2勝)など15戦13勝(うちG1に7勝、2020年11月現在)ののち、ブリーダーズカップ翌日に開催されたファシグティプトンセールに上場されて約10億円(950万ドル)で落札されたことが話題となったモノモイガール(牝5歳)を出して脚光を集めた。

 産駒はこれ以外にもG2ダヴォナデールステークス優勝でG1エイコーンステークス3着のジェルトリン(牝4歳)、G3ウイニングカラーズステークスのハニーバニー(牝6歳)、G3デラウエアオークスのプロジェクトウイスキー(牝3歳)、JRAで4勝を挙げたゲキリン(牡6歳)などが活躍している。

 タピザーは1月中旬に日本に到着予定になっている。なお、種付料に関しては後日発表される。

(株式会社優駿からのリリースによる)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す