スマートフォン版へ

【中日新聞杯 ゴールデンコンビ】「直近1年」で2戦2勝!「松下武士厩舎×岩田康誠騎手」のショウナンバルディ

  • 2020年12月11日(金) 14時13分
 netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がった中日新聞杯の「ゴールデンコンビ」はこちら。

松下武士厩舎×岩田康誠騎手(ショウナンバルディ)】

松下武士厩舎×岩田康誠騎手」の「直近1年」成績は2-0-0-0。実はこれ、ともに今回騎乗予定のショウナンバルディでのものだ。テン乗りとなった20年4月4日の明石特別を2番人気で勝利すると、3戦開いた20年10月3日の関ケ原Sも5番人気で勝利。ともに乗り替わりで一発回答を出しており、馬との相性の良さを示すとともに、松下武士調教師の騎手起用がズバッと決まっていることが分かる。

 この2戦は、ともに仕掛け気味に好位をキープすると、ロスなく直線に向き、逃げ馬を交わす競馬。14戦中12戦で上がり4位以下と、切れる脚に欠ける同馬の弱点を補う騎乗ぶりだった。今回も逃げ馬の番手に収まることが可能そうなメンバー構成。岩田康誠騎手なら、過去2勝を挙げた時と同じイメージで乗る可能性は高い。先行馬の活躍が目立つ今の中京芝の状態も加味すると、一発の魅力に溢れている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す