スマートフォン版へ

【香港国際競走予想】香港カップは日本馬による連覇濃厚!? マイル、スプリントで地元馬の牙城を崩せるか?/海外レース展望

  • 2020年12月13日(日) 09時34分
 まず、ウインブライトの連覇がかかる香港カップ。香港4レース(スプリント、マイル、カップ、ヴァーズ)のなかで日本馬が最も勝利しており、それだけにディフェンディングチャンピオンへの期待は大きい。

 過去3年のレース傾向を見ると、先行ないし逃げた馬が先頭でゴール板を駆け抜けている。昨年のウインブライトも道中を3、4番手あたりで先行すると、残り300mを過ぎたあたりから先頭に立ち、迫りくる後続馬をしのいで粘り切った。

 昨年は休み明け3戦してからの参戦だったが、今年は叩き2戦目で余力十分。2019年にクイーンエリザベス2世カップと香港カップを同一年に制した史上4頭目の6歳馬が、引退レースで有終の美を飾れるか、注目が集まる。

 一方、ダノンプレミアムは、4月の豪GIクイーンエリザベスSで最後の直線に入るところではいったん先頭に並び、本命の期待に応えるかと思われるも、海外初挑戦が影響したかラストの伸びを欠き3着に沈んだ。海外挑戦2戦目のここでは、オーストラリアで得た経験を武器に上位争いの一角に食い込みたい。

 昨年の香港マイルから香港カップに舞台を移しての挑戦となるノームコアは、200m長い2200mのGIエリザベス女王杯で連に絡んでおらず、距離が微妙なところだろう。

 日本馬以外で注目したいのが香港のフローレ。ステップレースのGIIジョッキークラブカップは、道中3番手から楽に追走すると抜群の手ごたえで直線に入り、ラスト200mからは並びかけていた2018年香港ヴァーズ優勝馬で1番人気のエグザルタントを置き去りにして楽勝した。本番では、日本勢の前に高い壁として立ちはだかるだろう。

 レーティング121でトップを分け合うスカレティとマジカルは、10月のGI英チャンピオンステークスで対戦して、先行したスカレティが2着で、後ろから追走した3着のマジカルに先着した。先行馬有利の香港カップでは、スカレティのほうを優位にとりたい。

 香港マイルには大本命が存在。それがゴールデンシックスティだ。史上2頭目の香港4歳クラシック3冠馬はGI勝ちこそまだないが、14戦13勝で目下10連勝中。前哨戦のGIIジョッキークラブマイルを快勝して波に乗っているだけに、ここがGI勝利の初舞台となっても驚けない。

 最近10年間の勝ち馬の年齢に目を向けると、最多勝が5歳馬の4勝。ゴールデンシックスティを含む5頭が出走する今年の5歳馬のなかで注目したいのが、マイティジャイアント。初の重賞挑戦となった前走GIIジョッキークラブマイルでは4着に終わったが、ニュージーランド産馬は過去10年で5勝と本レースと相性抜群。人気は集めなさそうだが、相手候補に取り上げてもいいほどだ。

 予想のカギを握るのが、4年連続出走のビューティージェネレーションの取捨。2017年から同レースを連覇したマイル王もすでに8歳。前哨戦のGIIシャティントロフィーではゴールデンシックスティらの後塵を拝して6着に終わり、3着以内を外したのは19戦ぶり。勝ち馬とは10ポンド(4.536キロ)の斤量差はあれど、世代交代の波に押されてきた感はある。

 ブリーダーズカップマイルで、殿人気で穴をあけたオーダーオブオーストラリア。3歳馬にとって香港マイルは過去にわずか2勝と鬼門だけに、ここでは軽視してもいいだろう。

 昨年の覇者アドマイヤマーズは、2019年が休み明け2戦目だった一方で、今年のローテーションは休養明け3戦目。しかも、前走がマイルCSと厳しいレースだっただけに、馬体が回復しているかが不安材料。昨年の再現は厳しいといわざるを得ないだろう。

 2014年のエアロヴェロシティから昨年のビートザクロックまで香港馬が連勝しているように、地元馬の独壇場と化しているのが香港スプリントだ。今年はコロナウイルス感染症拡大の影響で外国からの参戦は日本馬2頭のみだが、香港勢は2019年の2着馬ホットキングプローン、オーストラリアのスプリントGI制覇後に香港へ移籍したクラシックレジェンドなど強力馬が待ち構える。

 前走でGIIジョッキークラブスプリントを使った馬が6年連続で本番を勝利しているが、その間、ジョッキークラブスプリントと香港スプリントを連勝したのは2017年のミスタースタニングのみ。今年のジョッキークラブスプリントを制したホットキングプローンにとっては不吉なデータだ。

 となると、同レース2着のコンピューターパッチ、同3着のラタンが狙い目か。コンピューターパッチは重賞勝ちこそまだないが、前哨戦ではホットキングプローンを抑えて1番人気の支持を得た期待馬。ラタンは出走馬10頭中最低人気で馬券に絡んだだけに、本番でも穴党は注目したい。

 香港移籍後の初戦をGIに選んだクラシックレジェンドは、10月のGIジ・エベレストを豪快に差し切った。先行馬有利の香港スプリントでは、一級品の末脚が通用するか未知数だけに注目したいところだ。

 昨年のスプリンターズS優勝馬タワーオブロンドンは、今年は爪の状態が悪くスプリンターズSを見送っただけに、ハイレベルな香港のスプリント戦でいきなり結果を出すのは難しそうだ。

 一方、ダノンスマッシュスプリンターズS経由での挑戦は去年と同じローテーション。スプリント戦の実績ではタワーオブロンドンに分があるが、順調にきているダノンスマッシュのほうがチャンスは大きいか。
(文=一野洋)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す