スマートフォン版へ

【阪神JFレース後コメント】ソダシ吉田隼人騎手ら

  • 2020年12月13日(日) 17時40分
阪神11Rの第72回阪神ジュベナイルF(2歳GI・牝馬・芝1600m)は1番人気ソダシ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒1(良)。ハナ差の2着に2番人気サトノレイナス、さらにクビ差の3着に6番人気ユーバーレーベンが入った。

ソダシは栗東・須貝尚介厩舎の2歳牝馬で、父クロフネ母ブチコ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は4戦4勝。

レース後のコメント

1着 ソダシ(吉田隼人騎手)
「ホッとしました。結果を出せて良かったです。1番人気のGIでしたし、自分のせいで負けてはいけないプレッシャーもありました。感謝です。

 返し馬からゲートに寄り付かないところがあって、嫌だという素振りをしていました。僕もおどおどしてしまいました。何とかゲートに入って良かったです。このくらいの位置から壁を作りたいと思っていて、イメージ通りのレースでした。

 馬場が緩いせいか思ったほど弾けませんでした。内外の有力馬も見えていてしのいでくれと思いました。馬に助けられました。

 来年のクラシックもありますし、鍛えないといけないので信頼関係を築かないといけませんね。

 ソダシのおかげです。馬や先生、牧場の方に感謝したいです。これから先のある馬です。応援よろしくお願いします」

2着 サトノレイナス(C.ルメール騎手)
「勝ち馬をマークしながら良いレースができました。ただ坂を上ってからはよく頑張っているのですが、エンジンのかかりが遅かったです」

3着 ユーバーレーベン(M.デムーロ騎手)
「頑張ってくれました。一瞬勝てると思いました。先生から聞いていたように、スタートは速いのですが、二の脚がもう一つでした。最初の反応がズブいです。

 チャンスがあると思っていたので、勝ち馬とメイケイエールを見ながら4コーナーでじりじり上がって行きました。

 まだ子供のところがあり、直線に入って他馬が近づいたら逃げるようなところがありました。その点が良くなれば楽しみです。能力があります」

4着 メイケイエール(武豊騎手)
「前半はいい感じで3コーナーまで行けたけどかかりましたね。なかなか折り合いに苦労しました。そこがロスになっている分、終いが甘くなりました」

5着 ヨカヨカ(福永祐一騎手)
「馬のコンディションが良かったです。厩舎スタッフがよくここまで仕上げてくれました。スタートさえ決まればこういうレースをしようと思っていました。行ってからも楽なリズムで運べました。十分に脚が溜まっていたので、最後まで脚色は衰えませんでした。この馬自身良い走りを見せてくれました」

6着 オパールムーン(横山典弘騎手)
「この馬としては本当によく頑張ってくれました」

10着 ルクシオン(西村淳也騎手)
「馬群の中で気にするところはありましたが、最後は馬群を割ってきました。距離は大丈夫ですし、これからの成長が楽しみです」

11着 エイシンヒテン(松若風馬騎手)
「着順は良くありませんでしたが、内容は良かったと思います。これからの馬です」

13着 ウインアグライア(横山武史騎手)
「もう少し前のポジションが欲しかったですね。この距離は短いかもしれません。1800m、2000mが合っていると思います」

14着 インフィナイト(北村友一騎手)
「返し馬や道中、切れるような感じがありませんでした。自分から動ける位置で競馬はできたのですが、切れないにしてももう少し頑張ってくれると思っていました。突っ張ったり直線では脚が上がりました。まだ成長途上ですからこれから頑張って欲しいです」

18着 ポールネイロン(藤岡佑介騎手)
「休み明けでフレッシュな状態でしたし、前向きさを感じました。スタートをポンと出て、行く馬を行かせて好位で我慢する形でしたが、最後には止まってしまいました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す