スマートフォン版へ

急逝したスイープトウショウの娘2頭に注目

  • 2020年12月17日(木) 07時00分
 05年宝塚記念などG1・3勝の名牝スイープトウショウが5日、19歳で病死した。産駒の重賞初Vを懸けて、スイープセレリタス(牝4歳、美浦・藤沢和)がターコイズSに出走を予定している。16日に美浦Wでサンクテュエール(3歳オープン)と併せて5F71秒0-41秒1-13秒2を計時。近2戦は2桁着順に沈んでいるが、藤沢和師は「こんなもんじゃないだろう。期待の大きい血統だし、中山の芝マイルも条件的に悪くないので期待しています」と前向きだ。

 また、その2つ年下の妹クリーンスイープ(牝2歳、美浦・国枝)も、次週27日の中山3R(芝1600メートル)で初Vを狙っている。国枝師は「新馬戦は返し馬でなかなか進んで行かなくてね。調教でもゴネて止まっちゃうようなところがある。そういった性格なんかは、お母さん似じゃないかな」と苦笑い。母譲りの気の強さを見せながらも、10月のデビュー戦は2着と素質は示した。まずは勝ち上がりを決め、偉大な母の背中を追いかける。(デイリースポーツ・刀根善郎)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す