スマートフォン版へ

日本で導入予定だった米種牡馬タピザーが死亡

  • 2020年12月17日(木) 19時40分
 来春より北海道新冠郡新冠町の優駿スタリオンステーションで繋養予定だった種牡馬タピザー(Tapizar、牡12)が15日、米ゲインズウェイファームで馬房内の事故により死亡したことを複数の海外メディアが伝えた。

 タピザーは父Tapit母Winning Callその父Deputy Ministerという血統。現役時代にはブリーダーズCダートマイル(G1)などを制し、種牡馬としてはケンタッキーオークス(G1)などを勝利しているモノモイガールらの父となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す