スマートフォン版へ

【朝日杯FS】ステラヴェローチェ、ゴールド級仕上げ 2歳G1連勝へ須貝師託した

  • 2020年12月18日(金) 07時00分
 「朝日杯FS・G1」(20日、阪神)

 10日に21年度新規調教師免許試験に合格した畑端省吾騎手(38)=栗東・フリー=が、ステラヴェローチェの最終追い切りに騎乗した。これまでゴールドシップをはじめ多くの有力馬のケイコにまたがり、確かな調教技術で厩舎関係者の信頼は厚い。須貝師は先週の阪神JFを制したソダシに続き、2歳G1連勝の快挙が懸かる。今月いっぱいでジョッキーを引退する畑端の仕上げで、今週も万全の状態で送り出す。

 畑端の騎乗技術を見込んで調教を依頼する厩舎は、吉田、鮫島、吉村、牧浦、新谷ら多数。中でも須貝師はその手腕を大きく買っている。

 「省吾が調教師試験に通ったのは、G1を勝ったくらいにうれしいね。あいつは高いレベルの馬の背中を知っている。絶対にいい調教師になるよ」

 12年阪神JFを制したローブティサージュ、13年阪神JFを勝ったレッドリヴェール、そしてG16勝のゴールドシップも何度となく彼に任せてきた。

 騎手としてのキャリアにカウントダウンが始まったこのタイミングで、須貝師が仕上げを託したのが朝日杯FSの有力馬ステラヴェローチェだ。16日の最終追い切りは、栗東坂路を単走で4F53秒8-38秒5-12秒0。ぴったりと注文通りの時計で駆け上がった。

 「すごく仕上がりがいいと思います。ゲート試験も僕で受けさせていただいたんですが、当時からはかなり大きくなっていて、かっこいい馬になっているんですよ。オーラがG1を意識させる雰囲気の馬です。坂路での動きの感じなら、良馬場でも切れそうですよ」

 阪神のデビュー戦が稍重、前走のサウジアラビアRCが不良と、たまたま悪い馬場での競馬が続いているだけ。良馬場でこそ、この馬の能力がフルに発揮されると確信している。敬愛する横山典とは、ゴールドシップから強い縁で結ばれている。自身が施した仕上げは万全。胸を張ってバトンを渡す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す