スマートフォン版へ

【海外競馬】BCクラシック覇者オーサムアゲインが死亡、26歳 種牡馬としても大活躍

  • 2020年12月19日(土) 15時54分
 1998年のブリーダーズカップクラシック(米G1)覇者オーサムアゲイン(Awesome Again)が死亡したことがわかった。26歳。けい養先であるアメリカの功労馬施設、オールドフレンズが現地時間16日、発表した。

 オーサムアゲインは父Deputy Minister母Primal Force、母の父Blushing Groomという血統のカナダ産馬。半弟はMacho Uno

 アメリカのD.ホフマンズ厩舎の管理馬として、1997年5月にデビュー。初陣は3着に敗れたがそこから未勝利戦、カナダのダービーに相当するクイーンズプレートジムダンディS(米G2)と3連勝を果たす。

 その後、2連敗を経てP.バーン厩舎に移籍すると、翌1998年は6戦6勝の快進撃。引退レースとなったBCクラシックはシルバーチャーム、スウェイン、コロナドズクエストスキップアウェイなどの強豪を破っての勝利だった。通算成績は12戦9勝(うち重賞6勝)。

 引退後は種牡馬となり、ゴーストザッパー・ゲームオンデュード・ジンジャーパンチ(ルージュバックの母)など数々の名馬を輩出。日本ではルージュバックのほか、ミラクルレジェンドローマンレジェンド姉弟の母の父となっている。

 昨年をもって種牡馬を引退。今年10月にオールドフレンズへ移動したばかりだった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す