スマートフォン版へ

【ターコイズSレース後コメント】スマイルカナ柴田大知騎手ら

  • 2020年12月19日(土) 19時10分
中山11Rの第6回ターコイズステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝1600m)は1番人気スマイルカナ(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒6(良)。ハナ差の2着に3番人気アンドラステ、さらに1馬身1/4差の3着に9番人気フェアリーポルカが入った。

スマイルカナは美浦・高橋祥泰厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト母エーシンクールディ(母の父Distorted Humor)。通算成績は12戦5勝。

レース後のコメント
1着 スマイルカナ(柴田大知騎手)
「結果を出せてすごく嬉しいです。このところ調教で落ち着きも出てきて、折り合いもつくようになっています。直線での反応も良く、満点の競馬ができました。

 最後に内から来られた時には、ヒヤッとしましたし、3走前にハナ差負けたのがちらつきましたが、今回はハナ差勝てて良かったです。長く使われていますが、使うたびにパワーアップしています。賞金も加算できましたし、来年が楽しみです」

(高橋祥泰調教師)
「ペースは遅かったけど、あの位置で競馬ができたのは収穫です。今日は10kg増えていましたが、秋口から体が大きくなって、使われながら成長しています。東京ではチャカチャカしますが、中山では落ち着きがあります。今後もマイル路線になると思いますが、来年に繋がりましたね」

2着 アンドラステ(岩田望来騎手)
「勝ち馬を前に見ながら、良い位置でレースができました。内容のあるレースで、勝てはしませんでしたが、次に繋がるレースはできたと思います」

3着 フェアリーポルカ(和田竜二騎手)
「直線で外に出した時は、良い感じで、まとめて交わせる感じでした。少しもたれる面はありましたが、良馬場なら、これぐらい走れる力のある馬です」

4着 シーズンズギフト(津村明秀騎手)
「ゲートでうるさかったので遅れて後方からのレースも考えていました。最後方からリズム良くという感じではありませんが、何とか我慢して走って、最後まで脚を使いました。能力はあるはずの馬です」

10着 ドナウデルタ(C.ルメール騎手)
「スタートで良いポジションを取れませんでした。3コーナーから4コーナーでバテた馬の後ろになって、位置を上げられませんでした。最後は良い脚を使っているだけに、残念です」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す