スマートフォン版へ

【次走】スマートオーディンは京都金杯がラストラン、種牡馬入りへ

  • 2020年12月25日(金) 16時17分
 2019年の阪急杯(GIII)など重賞4勝のスマートオーディン(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)は、来年1月5日に中京競馬場で行われる京都金杯(4歳上・ハンデ・GIII・芝1600m)を最後に現役を引退、種牡馬入りすることがわかった。

 スマートオーディンは父ダノンシャンティ母レディアップステージ、母の父Alzaoという血統。父のダノンシャンティは今年をもって種牡馬を引退している。

 2015年9月20日、栗東・松田国英厩舎の管理馬としてデビュー。阪神芝1800mの2歳新馬戦で初陣を飾る。

 萩S(OP)2着を挟み、東スポ杯2歳S(GIII)で重賞初制覇。2016年始動戦の共同通信杯(GIII)は6着に敗れたが、続く毎日杯(GIII)、京都新聞杯(GII)と重賞連勝を果たした。

 日本ダービー(GI)6着後に池江泰寿厩舎へ転厩するが、屈腱炎により2年の休養へ。復帰5戦目、初の1400m戦となった2019年の阪急杯で重賞4勝目をあげた。通算成績は22戦5勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す