スマートフォン版へ

【有馬記念】クロノジェネシス牝馬の年締めた!北村友に導かれ同一年春秋GP制覇

  • 2020年12月28日(月) 06時05分
 「有馬記念・G1」(27日、中山)

 特別な一年の総決算。制したのはファン投票1位、レースでも1番人気に推された芦毛のヒロインだった。“牝馬強し”の前評判をさらに印象づけるがごとく、2020年の宝塚記念クロノジェネシスが力強い走りで暮れのグランプリも完勝。北村友一騎手(34)=栗東・フリー=の絶妙なエスコートも相まって、見事に同一年春秋グランプリ制覇を成し遂げた。

 牝馬の一年。それを象徴するように、芦毛のヒロインがグランプリの主役を見事に演じ切った。有馬記念ファン投票歴代最多の21万4742票を獲得し、当日も1番人気となったクロノジェネシス。6馬身差圧勝の宝塚記念と同様、ファンの圧倒的な支持を追い風に、最高の結果をたぐり寄せた。エスコートした北村友は「いつものクロノらしく、いつもの自分らしく競馬ができたのが良かった」と笑みを浮かべる。

 テーマは“自然体”だ。新馬戦からずっとコンビを組んできた相棒がリズム良く、バランス良く走れることを第一に心掛けた。結果、落ち着いたのが後方5番手のポジション。他の有力馬をしっかりと視界に入れながらレースを進めた。仕掛けのタイミングを計りつつ、呼吸が一致したのが3角手前。馬群の外めを押し上げ、直線入り口では早々と先頭に並び掛ける勢い。内で粘るフィエールマンを競り落とした後、ゴール寸前でサラキアが猛追したが「差されるとは全く思っていませんでした」と会心のレース運びを振り返った。

 綿密な復習が役に立った。自身は有馬記念初騎乗で、中山での重賞勝ちすらなかったが、幸運だったのは土曜の12R、当日の8Rと2鞍で中山芝2500メートルに騎乗できたこと。「いいイメージで臨めたことが大きいと思います」。直前の騎乗経験を大一番へつなげてみせた。

 コントレイルデアリングタクトが無敗で三冠を達成、アーモンドアイがG1・9勝締めで引退、ソダシが白毛馬で初のG1勝利-。災厄の年に、競馬界では後世に語り継がれる名場面が次々と生まれた。特別な一年を締めくくったクロノの走りも、ファンの心に深く刻まれたに違いない。「未対戦の三冠馬がいますし、譲らないよう、主役として引っ張っていけるように」。主戦の誓いに熱がこもった。気持ち新たに迎える2021年。一層深まった人馬の絆が、未来を明るく照らしていく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す