スマートフォン版へ

女性騎手目指す17歳・佐々木世麗さん「セールスポイントは根性です!」

  • 2020年12月30日(水) 18時01分
 JRA藤田菜七子、仏ジョッキーのミカエル・ミシェルなど現在、女性ジョッキーが競馬界を席巻している。そんな中で兵庫競馬初の女性騎手を目指すのが佐々木世麗さん(17)だ。アイドル並みのルックスに加え、バックアップする所属厩舎は園田でも超一流の名門。将来の活躍を約束された“兵庫の藤田菜七子”が本家との夢の対決へ来年4月のデビューを目指す。

――騎手を志したきっかけを教えてください

佐々木世麗:私、ずっと噺家になりたかったんです!

――はあ?

佐々木:3歳でバレエを始めて、その後もピアノ、水泳、ソルフェージュなどの習い事をたくさんやらせてもらいました。そんな小学校高学年のある日、父が「こんなのもあるぞ」と落語教室のパンフレットを持ってきたんです。本物の噺家の先生に教えてもらえるし、人前で演じるのもすごく楽しくて。もう「私の人生はこれしかない!」って真剣でした。でも、中学で乗馬を始めてから騎手という職業があることを知って。気が変わっちゃいました(笑)

――乗馬学校を経て、昨年4月に地方競馬教養センターに入所。騎手課程修了後の所属先に兵庫県を希望した理由は

佐々木:兵庫県を希望したのはたまたまです。特に理由はありません。しいて言えば、出身の広島に近いし、地理的にちょうどいいかなと思ったぐらいで。

――所属する新子雅司厩舎は兵庫競馬でリーディング4回。今年もトップを独走中の名門です

佐々木:ネットで調べたらすごい厩舎なんでびっくりしました。ありがたい半面、大丈夫かなって不安にもなりましたけど。でも、自分を鍛えるためにはプラスだと思って、お世話になることを決めました。

――園田での競馬場実習はいかがですか

佐々木:来た当初は驚くことばかりでした。現役の競走馬は教養センターの実習で乗っている馬とは全然違います。落とされてばかりで、どれだけ周りの方に迷惑をかけたことか。全く技術が足りないので毎日が勉強です。でも、やりたいことができている充実感は、何とも言えないものがあります。

――騎手という職業には危険も伴います。ご両親には反対されませんでしたか

佐々木:父は「何事にも挑戦しなさい。やらずに後悔するより、失敗して後悔した方がいい」というチャレンジ精神旺盛な人です。いろいろな習い事をさせてくれたのは、そのあたりが理由だと思います。騎手になりたいと言った時も、「子供のころからいろいろなことを経験させたかいがあった」と心から喜んでくれました。母も同じです。

――JRA藤田菜七子騎手、フランスのミカエル・ミシェル騎手など女性騎手の活躍が注目を集めている

佐々木:藤田さんやミシェルさんの活躍は単純にすごくうらやましいです。今は憧れの部分が大きいですが、技術を磨いて早く追いつきたい。そして、いつの日か追い越したい。そう思わせてくれる存在です。

――リーディング厩舎からのデビューということで、周りの期待値も相当高いと思いますが

佐々木:そうなんですか?でも、注目されないよりはされた方がうれしいです。小さいころからステージに立っていろいろと演じてきたので、意外とプレッシャーには強いかも(笑)。それに私のセールスポイントは根性ですから。

――最後に騎手としての目標を聞かせてください

佐々木:笑われるかもしれませんが、日本を代表するトップジョッキーになることです。必死で頑張りますので、応援よろしくお願いします。

☆佐々木世麗(ささき・せれい)=2003年2月7日、広島県出身。千葉県の乗馬学校をへて19年4月に第101期騎手候補生として地方競馬教養センターに入所。騎手課程修了後は兵庫・新子雅司厩舎所属としてデビューする。趣味は落語鑑賞。

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す