スマートフォン版へ

【JRA】クリソベリルが右後肢繋ぎの輪状靭帯を負傷

  • 2020年12月30日(水) 18時01分
 6日のチャンピオンズC(GI)で4着だったクリソベリル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)が、右後肢繋ぎの輪状靭帯を傷めていることがわかった。所属するキャロットクラブのホームページで30日、発表された。

 極めてレアケースの症例で、少なくとも月単位の経過観察が必要とのこと。経過次第ではあるが、当面は保存療法で様子を見る。

 クリソベリル父ゴールドアリュール母クリソプレーズ、母の父エルコンドルパサーという血統。

 2019年ジャパンダートダービー(JpnI)、チャンピオンズC(GI)、2020年帝王賞(JpnI)、JBCクラシック(JpnI)とGI級競走を4勝。今年のチャンピオンズCが国内初敗戦だった。通算成績は10戦8勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す