スマートフォン版へ

【シンザン記念予想】 不安要素だらけの実績馬に注意! 厩舎データから弾き出した今週の注目馬は?/JRAレース展望

  • 2021年01月09日(土) 18時33分
近年、次々と大物を輩出している3歳重賞。2歳GIがひと通り終わった直後の時期ということもあって、今年も個性的なメンバーがしのぎを削る難解な一戦となりそうです。現役調教師の通算成績を見ると、音無秀孝調教師、松田国英調教師、西園正都調教師が各2勝をマークしています。

 今年は、今年度JRAリーディング39位(着度数順・1月5日終了時点。以下同)、昨年度JRAリーディング1位の矢作芳人厩舎からバスラットレオンが、今年度48位、昨年度8位の音無秀孝厩舎からピクシーナイトが、今年度54位、昨年度11位の藤原英昭厩舎からロードマックスがエントリーしてきました。

 厩舎必勝パターンの予想バイブルは、過去3年の厩舎データをもとに「場所(競馬場)」「条件(クラス)」「ローテーション」「騎乗予定騎手」を踏まえた総合的な観点から全登録馬を評価し、そのなかから、とくに注目すべき馬を抽出。馬券検討を強力にサポートする画期的な予想ツールです。

 今回は、前走のアルテミスSで2着に食い込んだククナ札幌2歳S3着の実績があるバスラットレオン、デビュー戦の前走を快勝したレゾンドゥスリールなどに人気が集まりそう。本稿では、ククナの評価および解説を公開します。

【注目馬評価】
■馬名:ククナ
■調教師:栗田徹
■騎手:ルメール
■間隔:10
■場所:×
■条件:×
■ローテ:×
■騎手:×

※評価基準
【◎】複勝率が一定の水準(33.3%)以上である。高く評価していい。
【▲】複勝率は一定の水準(33.3%)未満にとどまっているが、集計対象レース全体における当該調教師の複勝率は上回っている。人気薄の馬に限り、強調材料と見ていい。
【×】複勝率が一定の水準(33.3%)未満であり、なおかつ集計対象レース全体における当該調教師の複勝率も下回っている。評価を下げたい。

【注目馬解説】
栗田徹調教師は(平地)オープンのレースで複勝率18.9%、複勝回収値40円。この馬自身が重賞の前走で2着に健闘しているとはいえ、大舞台では基本的に強調できない。さらに、中京のレースや9週以上(中8週以上)のレースもいまひとつ。人気を集めてしまいそうな今回は、過信禁物と見るべきだろう。

記事本文では、「厩舎パターン式出馬表」として全登録馬の評価を公開中。また、上記以外にも3頭の注目馬解説を収録しました。「調教師&騎手別評価」も見逃せません! 出走全頭の厩舎必勝パターンは以下よりご覧いただけます。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す