スマートフォン版へ

【シンザン記念レース後コメント】ピクシーナイト福永祐一騎手ら

  • 2021年01月10日(日) 17時56分
中京11Rのシンザン記念(3歳GIII・芝1600m)は4番人気ピクシーナイト(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒3(良)。1馬身1/4差の2着に8番人気ルークズネスト、さらに3/4馬身差の3着に2番人気バスラットレオンが入った。

ピクシーナイトは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父モーリス母ピクシーホロウ(母の父キングヘイロー)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 ピクシーナイト(福永祐一騎手)
「前走でスタートの駐立が悪かったのを陣営が重点的に修正してくれて、今日はスタートを切れたのが大きかったです。周りの出方もありますが、逃げる形もありだと思っていました。

 (2400勝達成は)良かったです。知らなかったですが、良い形で順調に勝ち星を積み重ねられています。

 この馬はGIを勝てる能力を持っている馬なので、あとはどういったレースができるかということになります。

 今日は逃げる形になりましたが、この次のレースですね。その内容次第で、どの距離のGIを狙っていけるのかが見えてくるのかなと思っています」

2着 ルークズネスト(幸英明騎手)
「終いは良い脚を使ってくれたので、惜しかったです。

 (スタートしてから)向正面に入るくらいまで、折り合いに苦労しました。前半で少しかかってしまい、そこがもったいなかったですが、それでいてあの脚を使っているので能力は高いです」

3着 バスラットレオン(坂井瑠星騎手)
「馬場が前残りでしたし、前目につけようと思っていて、イメージ通りでした。折り合いもつきました。

 (3着だったのは)前走のレコード決着の反動もあるのかもしれません。初めてだった左回りは上手にこなしてくれました」

4着 ククナ(C.ルメール騎手)
「(大外)枠がかわいそうでした。良いスタートを切ったものの、良いポジションを取ることができませんでした。

 後ろからリズム良く運んで、スムーズに上がってきたのですが、ペースはあまり速くなく、前の馬が止まりませんでした。この馬も伸びていますが、ラスト100mで疲れてしまいました。

 良い馬場で良い枠なら、もっと良い結果が出たと思います」

6着 ブルーシンフォニー(田辺裕信騎手)
「ここ2戦より雰囲気が良く、落ち着いてスタートを迎えられました。そのおかげで、ゲートもいつも以上に良いスタートを切ることができました。

 燃えやすいところがレースで出て、力んでいましたが、直線は踏ん張って良い内容でした」

12着 トーカイキング(和田竜二騎手)
「やりたいレースはできました。具合は良かったですし勝負にいったのですが、もう少し力が......というところです。自己条件ならと思います」

14着 カスティーリャ(松山弘平騎手)
「良い枠で良いポジションにつけられましたが、馬がムキになって、前向きさが勝ってしまいました」

15着 ロードマックス(岩田望来騎手)
「折り合いを欠いてしまいました。それが全てです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す