スマートフォン版へ

【京成杯】“神走法”見せたタイソウで大層儲ける!/トレセン発秘話

  • 2021年01月13日(水) 19時40分
 中京競馬場へ行くと、放送の仕事をしていた会友のY山御大が必ずといっていいほど当方の左斜め前方に陣取っている。

 京都金杯当日、この道60年以上のY山御大が「短い馬名のほうが走る」との持論を展開されたので、新馬戦で本命だったナギサの単勝を自信を持って買ったところ、ゴール前できっちり差されて2着に…。ちなみに京都金杯も1番人気のシュリが5着。まったく説得力を伴っていなかった。

 そうはいっても、御大の言葉はそう簡単に頭から離れてはくれない。GIII京成杯(17日=中山芝内2000メートル)に出走するタイソウがなんだか妙に気になりだし、管理する西園調教師を取材すると、実に興味深い話を聞くことができた。

 さすがに馬名の由来は「体操」ではないだろうと思いつつも一応、確認すると、師がスマホを操作して差し出した画面に出ていたのは「戴宗(たいそう)」だった。

 戴宗とは「水滸伝」の登場人物で天速星の生まれ変わり。なんでも足が速くなる道術の使い手なんだとか。タイソウも新馬戦では番手追走から直線で楽々と抜け出して3馬身差の圧勝。「名は体を表す」とはまさにこのことではないか。

 ちなみにJRAの処理上では、タイソウの由来は「大層」となっていたが、この際、そんなことはどうでもいい。大事なのはウッドでの1週前追い切りの動きもまた圧巻の内容で、西園調教師のボルテージがさらに上がっていることだ。

「とても追いつかないようなところから並ぶ間もなく抜いて行った。しかも外を回ったうえに、乗り手は(体重が)60キロ以上。それでいてラスト1ハロンは12.0秒だからね。あんな動きを見たのはサダムパテック以来だな」

 2012年のマイルCSを筆頭に重賞5勝を挙げた、かつての管理馬以来の衝撃とは…。ただものではなさそうだ。

「松山に聞いても初戦は肩ムチを1回しか入れてないみたいだからね。スタートが上手なうえに、かからないのがこの馬のいいところ。力試しの一戦にはなるけど、ここで結果が出れば、サダムパテックと同じように、弥生賞皐月賞ダービーと歩ませたい。ここは“大層”頑張ってもらわないとね」

 こちらの欲しいコメントでしっかりと締めてくれたのはサービス精神旺盛の西園調教師らしい。

 当方は今週末、土日とも中京へ出張予定。Y山御大には「タイソウ」をオススメして「大層」儲けてもらうとしよう。

(栗東の遠吠え野郎・難波田忠雄)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す