スマートフォン版へ

【JRA】ミッキースワローが引退、ディープインパクト孫では初の種牡馬入り

  • 2021年01月13日(水) 20時18分
 2020年の日経賞(GII)など重賞3勝のミッキースワロー(牡7、美浦・菊沢隆徳厩舎)は、13日付でJRAの競走馬登録を抹消された。今後は北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

 ミッキースワローは父トーセンホマレボシ(その父ディープインパクト)、母マドレボニータ、母の父ジャングルポケットという血統。ディープインパクトの孫世代では初の種牡馬入りとなる。

 横山典弘騎手とのコンビで2017年セントライト記念(GII)、2020年日経賞を制したほか、菊沢一樹騎手とのコンビで2019年七夕賞(GIII)を制覇。菊沢騎手に初の重賞タイトルをもたらした。

 前走のジャパンC(GI・7着)ののち、有馬記念(GI)へと続戦する予定だったが、脚部不安のためこれを回避していた。

 通算成績は22戦5勝。獲得賞金は3億6492万円。

(JRAのホームページより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す