スマートフォン版へ

【京成杯】栗東レポート タイソウ

  • 2021年01月13日(水) 19時15分
1月17日(日)に中山競馬場で行われる京成杯(GIII)に出走予定のタイソウ(牡3、栗東・西園正都厩舎)について、追い切り後の西園正都調教師のコメントは以下の通り。

「前走は道中もしっかりと折り合って、最後もしっかり伸びてくれましたので安心して見ていられました。なかなかメンバーも揃ってましたし、上がってきたジョッキーが『肩ムチ一発しか入れてませんよ』と言っていたので、能力は"大層"高いもんだなあと思っていました。

先週は前2頭を先行させて100メートル近く離れていたんですが、大外を回って時計も6ハロン80秒台、半マイル51秒台、3ハロン37秒台、終いが11秒9と、とても3歳では出ない時計が出ましたので、素晴らしい動きだと思いました。

(西園厩舎にいた)サダムパテックも新馬戦の時はああいった感じだったので、体型も良く似てますし、あれくらい走ってくれたらなあと思いました。久々にドキドキするような馬ですね。

前走後はここから逆算して、先週一杯に追い切って、今週は上がりだけ伸ばしてしっかり出来ていると思います。それでも(坂路で)4ハロン53秒6、終い12秒3が出ますので、能力の高さを感じました。

ゲートも上手ですし、わりと折り合いもつきますので、ある程度前につけて競馬が出来ると思います。スピードもありますし、パワーもありますので、今の馬場でもこなしてくれると思います。

育成にいる段階からすごく時計が出る、という話は聞いていましたし、やるたびにどんどん時計を詰めてきましたので、やっぱりこれは能力がある馬だな、と思いました。2000メートルくらいまでならこなしてくれると思います。(この後は)弥生賞、ということになると思います。結果を出してほしいと思います。

タイソウはしっかりした、大層走る、と思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す