スマートフォン版へ

【京成杯 予想】タイソウ 今週もモーリス産駒に期待

  • 2021年01月17日(日) 13時04分
 厳寒期に行われる芝レースとはいえ、2歳GI競走が1600mの朝日杯しか存在しなかった時代には早めにクラシックの権利を取っておきたい中、長距離馬たちにとっては貴重なレースだったが、前年最終週にホープフルSが組まれたことでレースの性格が少し変わってきたように思う。今年も出走馬すべてが1勝馬で、1戦1勝の馬が5頭。これらを含め新馬、あるいは未勝利戦を勝ち上がったばかりの馬が9頭で力の比較が難しい。

 ◎タイソウの父は、シンザン記念で産駒がワン・ツー・フィニッシュを記録したモーリス。現役時代はマイラー色が強かったものの、種牡馬として距離が伸びて良さがでる産駒が多く、昨年の2歳戦では芝2000m戦で8勝を記録。9勝のディープインパクトと遜色のない数字を残している。母は盛岡競馬の芝重賞勝ち馬で、4代母インヴァイトウインドインハーヘアの半姉という血統だ。前走は前半1000mが65秒5というペースだったが、しっかりと2番手で折り合って、最後ゴール前11秒9〜11秒6〜11秒4の流れを楽に交わして早め先頭から押し切った。

 同父○テンバガーも好素質馬だ、6月のデビュー戦はダノンザキッド(ホープフルS)、ワンダフルタウン(京都2歳S)に完敗の3着だったが、馬体重を10キロ絞って挑んだ小倉競馬場の2000m戦を楽勝した。母の半弟にアドマイヤメイン(ダービー2着、菊花賞3着)がいるファミリーで、一族にはアドマイヤジュピタ(天皇賞・春)や12年の京成杯3着アドマイヤブルーもいる血統。先行力を生かしたい。

 ▲タイムトゥヘヴンは、それまでの2戦が嘘のようにデビュー3戦目の未勝利戦を楽勝した。中山競馬場芝2000m戦の勝ち時計2分3秒0は、同じ日に同じ舞台で行われたホープフルS2着のオーソクレースと同タイム。父はアーモンドアイを送り出したロードカナロアで、母キストゥヘヴン桜花賞馬。血統レベルはA級だ。

 東京スポーツ杯2歳S4着△プラチナトレジャーは追い込みが板についてきた印象だ。2000mの距離は初めてだが、母系は欧州のS級ライン。まだ奥がありそうだ。デビュー戦で最後2ハロンを11秒2〜11秒2をマークしたヴァイスメテオールともどもしっかりとレースぶりを見ておきたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す