スマートフォン版へ

【米・ペガサスWC】韓国馬事会の所有馬ニックスゴーがV、1着賞金174万ドルの高額賞金レース/海外競馬レース結果

  • 2021年01月24日(日) 10時52分
 現地時間23日、アメリカのガルフストリームパーク競馬場で、1着賞金174万米ドルの高額賞金レース、ペガサスワールドカップ(4歳上・G1・ダ1800m・12頭立て)が行われた。

 ハナを切った1番人気ニックスゴー(牡5、J.ロザリオ騎手)が直線に向いて後続を突き放し、中団から脚を伸ばした5番人気ジーザスチーム(牡4、I.オルティスJr.騎手)に2.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分47秒89(良)。

 ジーザスチームとクビ差の3着には、好位から進んだ10番人気インディペンデンスホール(牡4、F.プラ騎手)が入った。2番人気コードオブオナー(牡5、T.ガファリオン騎手)は5着、3番人気タックス(セ5、L.サエス騎手)は10着に敗れた。

 ニックスゴーは父Paynter(その父Awesome Again)、母Kosmo's Buddy、母の父Outflankerという血統。アメリカのB.コックス厩舎の管理馬で、韓国馬事会の所有馬。

 通算成績は18戦6勝。G1は2018年ブリーダーズフューチュリティ、2020年BCダートマイルに次いで3勝目。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す