スマートフォン版へ

テイクオーバーターゲットに罰金300万円

  • 2007年01月22日(月) 14時30分
 香港ジョッキークラブは19日、昨年12月10日に香・シャティン競馬場で行われた香港スプリント(香G1)に出走予定も、禁止薬物が検出されたため出走取消となったテイクオーバーターゲット Takeover Target(セン8、豪・J.ジャニアック厩舎)について、管理するジャニアック調教師に対し、罰金20万香港ドル(約310万円)を課すことを発表した。

 同馬は10月1日のスプリンターズS(GI)に勝ち、06年グローバル・スプリント・チャレンジを優勝。4か国に参戦し、3か国でG1レースを3勝以上した馬のみに権利がある100万ドル(約1億1800万円)のボーナスを目指していたが、禁止薬物が検出されたため、レース当日の朝に出走取消となっていた。

 なお、同馬は現地時間26日に豪・ランドウィック競馬場で凱旋パレードが行われ、4月7日に同競馬場で行われるTJスミス(豪G1)で始動を予定している。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す