スマートフォン版へ

09年フェブラリーS覇者サクセスブロッケンが誘導馬引退

  • 2021年02月06日(土) 14時32分
 09年フェブラリーSなどダートG1を3勝し、12年から東京競馬場で誘導馬として活躍しているサクセスブロッケン(セン16歳)が、21日に東京競馬場で行われるフェブラリーSを最後に誘導馬を引退することになった。

 今後は鹿児島県のホーストラストでけい養される予定。なお、当日の誘導馬や場内の様子は、JRA公式SNSおよび東京競馬場LINEで配信される。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す