スマートフォン版へ

【洛陽S結果】サトノフェイバーが逃げ切り、約3年ぶりのV

  • 2021年02月13日(土) 15時45分
 13日、阪神競馬場で行われた洛陽S(4歳上・L・芝1600m)は、先手を取った古川吉洋騎手騎乗の3番人気サトノフェイバー(牡6、栗東・南井克巳厩舎)が、そのままゴールまで逃げ切り、2着の4番人気ガゼボ(牡6、栗東・石坂公一厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気レッドガラン(牡6、栗東・安田隆行厩舎)が入った。なお、2番人気アルジャンナ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は5着に終わった。

 勝ったサトノフェイバーは、父ゼンノロブロイ母ヴィヴァシャスヴィヴィアンその父Distorted Humorという血統。2018年のきさらぎ賞以来、約3年ぶりの勝利を飾った。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す