スマートフォン版へ

【JRA】右後肢を負傷していたクリソベリルが再度手術

  • 2021年02月20日(土) 18時21分
 昨年12月6日に行われたチャンピオンズC(GI)で4着後、右後肢繋ぎの輪状靭帯を負傷し、今月2日に手術を受けたクリソベリル(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)が、感染性の腱鞘炎などにより右後肢を再度手術したことがわかった。

 手術は無事に終了し、現在は北海道苫小牧市のノーザンファーム空港で療養中とのこと。所属するキャロットクラブのホームページで19日に発表された。

 クリソベリル父ゴールドアリュール母クリソプレーズ、母の父エルコンドルパサーという血統。

 2019年ジャパンダートダービー(JpnI)、チャンピオンズC(GI)、2020年帝王賞(JpnI)、JBCクラシック(JpnI)とGI級競走を4勝。昨年のチャンピオンズCが国内初敗戦だった。通算成績は10戦8勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す