スマートフォン版へ

【京都牝馬Sレース後コメント】イベリス酒井学騎手ら

  • 2021年02月20日(土) 17時40分
阪神11Rの京都牝馬ステークス(4歳以上GIII・牝馬・芝1400m)は3番人気イベリス(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒0(良)。1馬身半差の2着に5番人気ギルデッドミラー、さらにクビ差の3着に9番人気ブランノワールが入った。

イベリスは栗東・角田晃一厩舎の5歳牝馬で、父ロードカナロア母セレブラール(母の父ボストンハーバー)。通算成績は18戦4勝。

レース後のコメント
1着 イベリス(酒井学騎手)
「この馬に乗ったのが今日で3回目でしたが、一番調子が良かったように思いました。レースの前からハナを主張する作戦を立てていました。あまり早く行くと最後に力が残らなくなるので、そのあたりを考えて行かせましたが、意外と楽なペースで行けました。早目に競りかけてくる馬もいない感じでした。ただ溜めすぎて瞬発力勝負というのも分が良くないので、早目早目に運んで3コーナーを過ぎて、4コーナー手前で合図を送ったら、まだ良い手応えを返してくれました。直線に向くまでに踏み込んで、直線で追い出したら、よく最後まで我慢してくれました。後ろから来る、気め手のある馬も気にしながらという感じでした」

2着 ギルデッドミラー(福永祐一騎手)
「スタッフが上手く調整してくれて、落ち着いていました。右にモタれるところも今日はなくて、良い形で脚が溜まりました。ようやくこの馬本来の能力を出せました」

3着 ブランノワール(団野大成騎手)
「1400mでは追走に苦しいところがあるのですが、道中はリズム良く運べて脚が溜まりました。最後は良い上がりで、よく差を詰めています。馬の状態がとても良かったです」

4着 アイラブテーラー(河内洋調教師)
「脚はよく使ってくれています。馬場が(この馬には)良すぎたかな」

5着 シャインガーネット(田辺裕信騎手)
「前走も掛かって消耗して、余力がなかったのですが、今日もレースにいくと燃えていました。外目の枠で外々を回らされるのも厳しかったです。それに流れが落ち着いたのも想定外でした」

7着 メイショウケイメイ(古川吉洋騎手)
「久しぶりに(この馬らしい)脚を使ってくれたので、これをきっかけに立ち直ってくれたら良いですね」

9着 リバティハイツ(和田竜二騎手)
「良いスタートを切れて、(ペースが)遅いので、好位につけられました。ただこの馬は前に馬を置かないと、脚が溜まらない感じでしょうか。少しつんのめって走りますからね。枠がきつかったかなという感じです」

10着 ビッククインバイオ(武豊騎手)
「流れには乗れましたが、今日のような硬い馬場より柔らかい方が良いと思います」

11着 リリーバレロ(松山弘平騎手)
「中一週と間隔が短い中、プラス体重でしたし上手く調整していただきました。馬の状態は良かったのですが、人気で結果を出せなくて申し訳ありません」

13着 アフランシール(秋山真一郎騎手)
「他の馬が暴れて、驚いて後ろに下がった時にゲートが切られました。流れに乗れませんでした」

15着 アンリミット(城戸義政騎手)
「良いポジションで競馬ができましたが、勝負どころでしんどくなりましたね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す