スマートフォン版へ

【フェブラリーS結果】4歳馬カフェファラオがGI初制覇! C.ルメール騎手は連覇達成

  • 2021年02月21日(日) 15時43分
 21日、東京競馬場で行われたフェブラリーS(4歳上・GI・ダ1600m)は、好位でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気カフェファラオ(牡4、美浦・堀宣行厩舎)が、直線に入って抜け出し、最後は中団追走から追い上げてきた9番人気エアスピネル(牡8、栗東・笹田和秀厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒4(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に8番人気ワンダーリーデル(牡8、栗東・安田翔伍厩舎)が入った。なお、3番人気レッドルゼル(牡5、栗東・安田隆行厩舎)は4着、2番人気アルクトス(牡6、美浦・栗田徹厩舎)は9着に終わった。

 勝ったカフェファラオは、父American Pharoah母Mary's Folliesその父More Than Readyという血統の米国産馬。これまで2戦2勝としていた得意の舞台で見事勝利を掴み、2021年上半期のダート王に輝いた。アメリカンファラオはこれが産駒のJRA・GI初勝利。また、鞍上のC.ルメール騎手は昨年のモズアスコットに続くフェブラリーS連覇となった。

C.ルメール騎手のコメント】
状態がすごく良くて、パドックで自信を持ちました。いいスタートを切ってポジションを取れましたし、結構忙しい流れでしたが、ずっといい反応をしていました。2歳時から能力を見せていましたし、GIを取れる馬だと思っていました。今日勝てて良かったです。

フェブラリーSダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す