スマートフォン版へ

【ヒヤシンスSレース後コメント】ラペルーズ C.ルメール騎手ら

  • 2021年02月21日(日) 16時55分
東京9Rのヒヤシンスステークス(3歳オープン・リステッド・ダート1600m)は2番人気ラペルーズ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒8(良)。1馬身半差の2着に10番人気プロバーティオ、さらにクビ差の3着に4番人気レディバグが入った。

ラペルーズは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牡馬で、父ペルーサ母ハットシテグー(母の父Empire Maker)。通算成績は6戦4勝。

レース後のコメント
1着 ラペルーズ(C.ルメール騎手)
「能力を見せてくれました。まだ若く、砂を被るとブレーキをかけていました。最後はすごく良い脚でしたし、大人になったら良い馬になれると思います」

(藤沢和雄調教師)
「1800mは上手に走っていましたが、1600mは忙しいので心配しました。スタートも良くなく、届かないかと思いましたが、良い脚でした。ゼンノロブロイの子供のペルーサの子ですし、勝ててオーナーも喜んでくれました。アメリカに行けたとしたら行きたいですし、ベルモントステークスに行けたらと思います」

2着 プロバーティオ(M.デムーロ騎手)
「我慢して、折り合いをつけて行きました。真面目で競馬が上手で、いつも頑張る馬です。我慢する競馬ができれば、1600も問題ないと思います」

4着 タケルペガサス(川田将雅騎手)
「ちょっと苦しさがありました。ゲート内で膠着して、出られませんでした。その後のリズムは悪くなかったのですが、直線では止まってしまいました。」

5着 ゲンパチフォルツァ(武豊騎手)
「思った通りの、すごく良いレースができました。現時点では決め手の差が出ましたが、良い馬です」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す