スマートフォン版へ

【勝負の分かれ目 フェブラリーS】カフェファラオが厳しい流れをモノともせず、横綱相撲でGI初制覇

  • 2021年02月21日(日) 18時30分
 クリストフ・ルメールが騎乗する1番人気のカフェファラオは、内の3番枠から他馬と横並びのスタートを切った。軽く促しながら内と外の馬を先に行かせ、先頭から3馬身ほど離れた5番手で向正面を進んだ。

「今日はチークピーシーズをつけていたので、アグレッシブなレースがしたかった。いいスタートを切って、いいポジションにつけることができました」とルメール。

 前半3ハロン通過は34秒7、4ハロン通過は46秒5。

 速い流れのなか、カフェファラオは3コーナー手前でポジションを上げ、3番手で3、4コーナーを回った。カフェファラオが進出したというより、周囲の他馬が後退したような感じだった。カフェファラオはコースロスのない内を回りながら前との差を少しずつ詰め、直線へ。

「流れは結構忙しかったけど、ずっといい反応をしてくれました」

 そう話したルメールは、ラスト400m地点では軽く仕掛け気味にする程度だった。そこから、まず、2番手のワイドファラオをかわし、ラスト200m地点で内のエアアルマスに並びかけると同時に、ゴーサインの右ステッキを入れた。

 外からエアスピネルが猛然と追い込んできたが、差を詰められると、カフェファラオはルメールの叱咤に応えてさらに末脚を伸ばす。

 カフェファラオは最後までエアスピネルに並ばせず、3/4馬身差をつけて押し切り、GI初制覇を遂げた。これで東京ダート1600mでは3戦3勝。勝ちタイムの1分34秒4はレース史上2番目に速く、良馬場では最速だった。

「今日は本当の力を出してくれました。馬の状態がよく、パドックから自信がありました」

 そう振り返ったルメールは、昨年のモズアスコットに次ぐ連覇で、これが同レース2勝目。

 先行馬には厳しい流れのなかで好位をキープし、前をきっちりつかまえながら後ろを突き放す横綱相撲だった。

 2着のエアスピネルは、直線で前が詰まりかけたがスムーズに他馬をさばいて進路を確保し、メンバー最速の上がりで銀メダルを手にした。8歳ではあるが、今後が楽しみになる内容だった。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す