スマートフォン版へ

【フェブラリーS】カフェファラオ戴冠!ルメール21年G1開幕弾&連覇決めた

  • 2021年02月22日(月) 07時00分
 「フェブラリーS・G1」(21日、東京)

 新たな砂王の誕生だ。メンバー唯一の4歳馬カフェファラオが、1番人気に応える完勝劇を披露。アメリカンファラオ産駒としても初のJRA・G1制覇となった。鞍上は2020年のモズアスコットに続く連覇を達成。21年も競馬界はルメールを中心に回っていきそうだ。直線で猛追した9番人気エアスピネルが2着。3着には8番人気ワンダーリーデルが入った。

 アメリカンファラオ産駒の怪物が、如月の府中で真の強さを発揮した。1番人気カフェファラオが好位から抜け出し完勝。2020年(モズアスコット)に続く自身連覇&7年連続のJRA・G1制覇を決めたルメールは「彼のポテンシャルはとても高い。状態さえ良ければG1馬になれると思っていた。きょうは勝てて良かった」と破顔一笑だ。

 陣営の勝負手がピタリとはまった。近走の行きっぷりが悪い面を矯正するため、今回はチークピーシーズを初装着。「チークを着けていたし、きょうはアグレッシブな競馬をしたかった」と鞍上。向正面で外から押し込められる場面もあったが、手応え十分に直線を迎えると、残り250メートル付近で打たれた右ステッキを合図に先頭へ。迫る後続の追い上げも気にならない。最後まで加速し続け、先頭でゴールを駆け抜けた。

 3度目のG1挑戦で待望の初勝利。堀師は「うれしかったというよりも“やれやれ”という気持ち。道中はしっくり来なかったが、最後の走りは一番良かった」と胸をなで下ろす。戦前の作戦について、「私の中で考えていることはあったが、あえて伝えなかった。馬の状態と馬具だけ伝えて、あとは“終わった後に教えてほしい”とだけ言いました」と名手に全てを託した。そしてゲートが開いた瞬間、押して3番手の位置を確保。「私が考えていたのも、その方法でした」と笑みを浮かべた。

 今後は未定だが、指揮官は「まだ隠しているものがたくさんある。これからいろんなことに挑戦していきたい」と意気込んだ。無限の可能性がある若き4歳ダート王なら、新たな時代を築けるに違いない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す