スマートフォン版へ

石坂公師が父・石坂正師から受け取ったバトン

  • 2021年02月24日(水) 20時40分
 2月末は競馬界にとって別れの季節でもあります。毎年、この時期は送別会なども行われるのですが、今年はコロナ禍で、それもかないません。引退する調教師の方々への感謝の気持ち、寂しい思いを“消化”し切れないまま、この時期を迎えてしまいました。

 ジェンティルドンナヴァーミリアンなど数々の名馬を手掛けた石坂正調教師(70)=栗東=も、定年によって2月末で引退します。息子である石坂公一調教師(38)=栗東=が、「寂しいですね。一緒に調教師をできたのは2年間で、負けることの方が多かったですが、励みになりました。対決するのは楽しかったですから」と、惜しんでいた姿が印象的でした。

 特に記憶に残っているレースは、昨年5月京都の未勝利戦。ゴールドシップ産駒の1番人気シュルシャガナで挑み、父の管理する2番人気のラインハイトに敗れて2着でした。「当時は(悔しくて)二度と口聞かないと思ったほどでした(笑)。結局、(シュルシャガナを)勝たせてあげることができなかったですしね」。父から改めて勝負の厳しさを教わった出来事とのことで、「そう書いておいてください」と苦笑いしていました。

 競走馬にとって、未勝利で終わるか、1勝するかは大きな違いです。結果的に、その難しさを身をもって伝えた形だったのでしょう。私は父と職業が違うので体験することはなかったですが、親子が同じ土俵で戦えるのは幸せなことでもあり、何物にも代え難い貴重な経験だったはずです。父の背中から学んだことを財産に、数々の名馬を育ててほしいと心から願っています。(デイリースポーツ・大西修平)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す