スマートフォン版へ

怪物クロフネ輩出の松田師、馬だけでなく多くの人材輩出 最終週は13頭出走へ

  • 2021年02月26日(金) 05時59分
 28日を最後に角居勝彦(56)、石坂正(70)、松田国英(70)、西浦勝一(70)、田所秀孝(70)、西橋豊治(70)、湯窪幸雄(70)、星野忍(70)の調教師8人がトレーナー人生に幕を下ろす。指揮を執るラストウイークを迎え、その胸中を語った。

 タニノギムレットキングカメハメハ日本ダービーを2勝。有馬記念を制したダイワスカーレット、砂の怪物クロフネなど数多くの名馬を送り出した松田師も、関係者に惜しまれながら競馬界を去る。

 G114勝という輝かしい成績。また、友道師、角居師を筆頭に、高野師、村山師、寺島師らが助手として松田厩舎に所属。馬だけでなく、多くの人材を輩出した点でも競馬界に残した功績は大きい。

 最終週は13頭が出走する。04年にキングカメハメハが勝っているすみれS(日曜阪神10R)にはモンテディオがエントリー。未勝利戦勝ち直後のオープン特別挑戦になるが、「相手は強くなりますが(持ち)時計だけみると、やれていいんじゃないですかね」と期待を寄せていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す