スマートフォン版へ

【JRA】角居師「やりきった」厩舎ラストランはワイドソロモン/ねぇさんのトレセン密着

  • 2021年02月26日(金) 20時40分
 いよいよこの時がきちゃいました。角居厩舎の解散。

「調教師という仕事は“やりきった”という気持ちが強いです。本当にありがとうございました」と角居師。

 ラストウィークの出走は1頭、最後の出走は甲南Sワイドソロモンです。

「前走はもう少し踏ん張れるパターンだったと思うんですが、休みが入った、気持ちが入りきらなかったように思います。今回、その癖を意識した調教をしています」と小滝助手。

 前走は中京でしたが、今回は右回りの阪神コース。このコース替わりもいいようです。

「力の入り具合など、この馬のクセは若干、右回りのほうが合うように思います」(小滝助手)

 さて。そういえば角居師、こんなことも仰っていました。

「自分が開業したとき、二分先生から馬を引き継いだんだけど、二分先生がすぐに競馬に使えるようにと仕上げておいてくださったおかげでいいスタートを切ることができたんです。だから、僕もそのようにしよう、と決めていました」

 角居厩舎のスタッフだった辻野師のもとへキセキなども転厩しますが、転厩を意識せず“普通”に仕上げられています。なので、来週から角居厩舎がなくなるなんて、やっぱり未だにピンとこないのですが…。来週、いつもの場所にいつもの姿がないのを見て、やっと実感することになるのでしょうね。

 角居師は競馬の世界からは離れますが、馬とはまだまだ長い付き合いを続けるそうです。

「これからは馬と人が共生して生きていく社会づくりをしていけたら、と思っています。これからもよろしくお願いします」

(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す