スマートフォン版へ

日米オークス馬シーザリオ死亡 産駒にエピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリア

  • 2021年02月28日(日) 13時34分
 2005年のオークス(GI)とアメリカンオークス(米G1)を制し、繁殖牝馬としても多大なる功績を残したシーザリオ(牝19)が27日、子宮周囲の動脈断裂による出血性ショックのため、けい養先のノーザンファームで死亡したことがわかった。

 シーザリオ父スペシャルウィーク母キロフプリミエール、母の父Sadler's Wellsという血統。現役時代は、本日28日で解散となる角居勝彦厩舎に所属。

 2004年のデビューから、翌2005年のフラワーC(GIII)まで3連勝。桜花賞(GI)でラインクラフトの2着となったのち、単勝1.5倍の支持を集めたオークスでは直線で追い込み、ゴール寸前で差し切りV。さらに続くアメリカンオークスでは2着に4馬身差の圧勝で、日本調教馬として初めて米G1を制覇。同年のJRA賞最優秀3歳牝馬、最優秀父内国産馬を受賞した。

 その後は繋靱帯炎のため復帰を果たせず、2006年から繁殖入り。産駒としてエピファネイアリオンディーズサートゥルナーリアと3頭のGI馬を輩出した。

 3頭ともに種牡馬入りし、エピファネイアは無敗の三冠牝馬デアリングタクトリオンディーズはサウジダービー覇者ピンクカメハメハを送り出すなど、その血脈は日本競馬界に多大な功績を残している。

 また、デビュー前の産駒としては2020年に、父ロードカナロアの牝馬(シーザリオの2020)が誕生している。

【ノーザンファーム 吉田勝己代表のコメント】
「突然のことでただただ驚き、胸を締め付けられる思いです。日米オークス制覇の輝かしい競走実績だけでなく、初年度産駒から3冠牝馬輩出のエピファネイア、産駒が先日のサウジダービーを制したリオンディーズ、そして今年からスタッド入りしたサートゥルナーリアと、3頭の種牡馬を産んだ彼女には感謝の言葉しかありません。

 牧場の礎を築いてくれたシーザリオが亡くなったことは、誠に残念でなりませんが、今は安らかに眠ってほしい思いでいっぱいです」(JRAのホームページより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す