スマートフォン版へ

西浦勝一調教師の引退コメント

ラジオNIKKEI
  • 2021年02月28日(日) 18時40分
2月28日をもって引退する西浦勝一調教師(栗東)は、小倉12レース4番ポールトゥウィン(浜中俊騎手)が最後の出走(5着/12頭)となった。

西浦勝一調教師のコメント

「全馬無事レースを終えて、次の厩舎に送り届けることができてほっとしています。最後に阪神競馬場でこうして重賞に出走させて終えることが出来て感謝しています。

 騎手時代ではヤエノムテキカツラギエースなどたくさんいい馬に乗せてもらって、調教師時代はテイエムオーシャンでGIを勝たせてもらって、ホッコータルマエでは牡馬のGIを勝つことができました。そういう馬たちに巡り合えたことが人生で一番の思い出です」

(JRA発表による)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す