スマートフォン版へ

ジャングルポケットが死亡 2001年のダービー馬、ジャパンCではテイエムオペラオーを破る

  • 2021年03月02日(火) 14時25分
 2001年の日本ダービー(GI)などを制したジャングルポケット(牡23)が、繋養先である北海道沙流郡日高町のブリーダーズスタリオンステーションで死亡したことがわかった。同馬は昨年の種牡馬引退後も同牧場で余生を過ごしていた。

 ジャングルポケット父トニービン母ダンスチャーマーその父Nureyevという血統。2000年9月に栗東・渡辺栄厩舎からデビュー。3歳新馬戦(当時の馬齢表記)で初陣を飾り、2戦目の札幌3歳S(GIII)で重賞初制覇を果たした。翌2001年は共同通信杯(GIII)を勝利。三冠初戦の皐月賞(GI)はアグネスタキオンの3着となったが、続く日本ダービー(GI)を1番人気に応えて優勝、鞍上の角田晃一騎手(現調教師)は牡馬クラシック初勝利となった。

 その後の札幌記念(GII)、菊花賞(GI)では敗れたが、O.ペリエ騎手との初コンビで臨んだジャパンC(GI)では前年8戦8勝で年度代表馬となっていたGI・7勝のテイエムオペラオーを差し切り優勝。2001年のJRA賞年度代表馬最優秀3歳牡馬に輝いた。

 その後は勝ち星を挙げることはできなかったが、武豊騎手とコンビを組んだ2002年天皇賞・春(GI)2着などの成績を残し、同年の有馬記念(GI、7着)を最後に現役を引退した。通算成績は13戦5勝。

 種牡馬としては牝馬GI・2勝のトールポピー、2008年の菊花賞オウケンブルースリ、2009年のエリザベス女王杯を逃げ切ったクィーンスプマンテ、2010年の天皇賞・春を制したジャガーメイル、2011年の秋華賞アヴェンチュラ、同年の天皇賞・秋をレコードで勝利したトーセンジョーダン、2014年の全日本2歳優駿覇者ディアドムス、2016年のJBCクラシック勝利のアウォーディーらの父となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す