スマートフォン版へ

【川崎・エンプレス杯予想】関東オークスを勝った舞台で逆転を狙うレーヌブランシュ!

  • 2021年03月03日(水) 18時00分
 4日(木)に川崎競馬場エンプレス杯(JpnII)が行われます。このレースは、4歳以上牝馬限定の地方交流重賞。古馬牝馬の中距離路線は、このレースからブリーダーズゴールドCレディスプレリュードJBCレディスクラシック(今年は金沢1500m)と大一番まで続いていきます。今年は、TCK女王盃上位馬が揃って参戦してきました。

 中央馬の注目は、TCK女王盃を勝って重賞2勝目を挙げたマルシュロレーヌJBCレディスクラシックは、高速馬場や連戦の影響が出たのか圧倒的人気で3着(単勝1.3倍)。そこから間隔を空けて良馬場だったTCK女王盃では、本来の走りを見せて勝利。川崎コースに対応できるかが課題になるが、力を出せれば当然上位にいる1頭。

 1戦ごとに1着馬との着差を縮めてきているTCK女王盃2着レーヌブランシュ。前走は、3番手から積極的な競馬で1/2馬身差。斤量差は小さくなって着差を縮めているので、成長を感じる走り。関東オークスを勝った舞台で逆転を狙う。

 牝馬地方交流重賞路線の古豪の8歳馬プリンシアコメータTCK女王盃は、内枠でもまれるのを嫌って逃げる競馬で3着。去年はハイペースで失速したが、2年前の勝ち馬。前で流れに乗れば、まだまだ上位争い可能。

 JBCレディスクラシック2着マドラスチェックTCK女王盃は、13kg増が影響したのか4着。でも、JBCレディスクラシック2着やレディスプレリュード2着で力がある事は証明済み。大井巧者感はあるが、3歳時に関東オークスでは2着でコース実績はある。

 地方馬の注目はJBCレディスクラシック4着ダノンレジーナ。近2走は、単勝1.4倍の人気にしっかり応えて連勝。距離対応が課題にはなるが、まだ伸びしろを感じる。

 去年からお馴染みと感じるメンバーだが、現状の古馬牝馬の中距離路線の上位馬が揃っているとも言える。TCK女王盃や去年のJBCレディスクラシックの大井1800mから川崎2100mに替わるので、距離・コースの適性判断が重要なレースになっています。

(文=nige)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す