スマートフォン版へ

マイネルハニーが引退 JRAの誘導馬に

  • 2021年03月03日(水) 11時36分
 2016年のチャレンジカップ(GIII)を制したマイネルハニー(牡8、美浦・栗田徹厩舎)が引退し、JRAの誘導馬になることがわかった。

 マイネルハニー父マツリダゴッホ母ブライアンハニー、母の父ナリタブライアンという血統。

 同馬は2015年の11月の2歳新馬戦でデビュー。初戦を勝利で飾った後、翌年のフリージア賞(500万下)で2勝目をあげ、日本ダービー(GI)にも駒を進めた。同年12月にはチャレンジCで重賞初制覇。その後もオープン特別で2勝をあげるなど、芝中距離路線で活躍した。

 通算成績は39戦5勝。獲得賞金は1億9844万4000円。2月28日の中山記念(GII・13着)がラストランとなった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す