スマートフォン版へ

四位師「一流の厩舎に」“馬優先主義”で飛躍目指す 新規開業調教師デビュー

  • 2021年03月05日(金) 07時45分
 東西で9人の新規調教師が1日付で厩舎を開業。中でも注目は騎手として、JRA通算1586勝を挙げた四位洋文調教師(48)=栗東=だ。競走馬への感謝を胸に、トップトレーナーを目指していく。

 騎手時代にダービーで2勝を挙げた“勝負師”が腕ぶす。第2の人生のスタートラインに立った四位師が、穏やかな表情ながらも、眼光鋭く「頑張るしかない。一流の厩舎にならないと駄目でしょう!」ときっぱりと言い切った。

 誰もが認める卓越した騎乗技術は、調教師として大きなアドバンテージ。また、技術調教師時代には藤沢和師、千田師の元で修業を積み、ノウハウを学んだ。「すごくいい経験をさせてもらった。いいエッセンスを盗めたと思います」。視線の先には既に、大舞台が思い描かれていることだろう。

 騎手時代と同様に“馬優先主義”も垣間見える。「馬は口がきけませんからね。馬の気持ちをしっかりと理解してあげることは、われわれ人間の責任。いい競走馬生活を送れるように、最善のことをしてあげたい」。競走馬への感謝の思いを胸に、初陣に挑む。

 今週は阪神と小倉に計3頭がスタンバイ。「未勝利馬ですが、能力的には1勝クラスでも」と期待を込める、日曜小倉8Rサマービートは楽しみな一頭だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す