スマートフォン版へ

【弥生賞レース後コメント】タイトルホルダー横山武史騎手ら

  • 2021年03月07日(日) 21時57分
中山11Rの第58回弥生賞ディープインパクト記念(3歳GII・芝2000m)は4番人気タイトルホルダー(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分2秒0(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気シュネルマイスター、さらにクビ差の3着に1番人気ダノンザキッドが入った。

タイトルホルダーは美浦・栗田徹厩舎の3歳牡馬で、父ドゥラメンテ母メーヴェ(母の父Motivator)。通算成績は4戦2勝。

レース後のコメント
1着 タイトルホルダー(横山武史騎手)
「調教で乗って、パワーのある良い馬だと感じていました。カッとしやすいところをどうするかがカギだと思っていました。自分のペースで行けたのが良かったと思います。乗りやすく良い馬ですし、トライアルを勝って良い形で本番へ向かえると思います」

(栗田徹調教師)
「逃げない形が良いかとも思っていたのですが、この馬の良さは前々で長く脚を使える点ですから、今日は好枠と好スタートを生かしてジョッキーが上手く乗ってくれました。馬具を変えた効果もあったと思います。あとは本番に向けてどう仕上げるかですね」

2着 シュネルマイスター(手塚貴久調教師)
「(馬体に関しては)少し余裕がある感じでしたが、競馬では上手く乗ってくれました。マイルを使った後の2000mということで、ある程度位置を取れて、距離も(2000mは)ギリギリもつかなと思いました。競馬の内容は良かったです。ジョッキーの話では、少し硬い馬場の方が良いかもしれないとのことでした。賞金も加算できましたし、権利も取ることができたので、皐月賞NHKマイルCの2レースのどちらにしようか考えています」

3着 ダノンザキッド(安田隆行調教師)
「勝負どころでモタモタするところがあり、向正面でも掛かりましたが、次につながる競馬になりました。ここを使って良くなると思うので、本番は頑張ります」

6着 タイムトゥヘヴン(三浦皇成騎手)
「前回はハナへ行ったので、今回は馬を前に置いてレースをしようと思っていました。前残りのレースを早めに動いて伸び切れませんでしたが、このレースが今後につながってくればと思います」

7着 ワンデイモア(田辺裕信騎手)
「流れが遅かったこともありますが、現状では力の差を感じました」

8着 ゴールデンシロップ(北村宏司騎手)
「凄くコンディションは良かったです。この枠を生かして、上手く立ち回って馬群の中で競馬をしようと思いましたが、馬群の中で周りに気を遣って、エネルギーを吸い取られて苦しくなりました。未勝利の勝ち方から今回楽しみにしていましたが、甘くありませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す