スマートフォン版へ

ネオユニヴァース死す 21歳、種付け中の事故で

  • 2021年03月09日(火) 06時00分
 03年に皐月賞日本ダービーを制し、同年のJRA最優秀3歳牡馬に輝いたネオユニヴァースが8日、けい養先である北海道新ひだか町のレックススタッドで、種付け中の事故により死んだ。21歳だった。

 栗東・瀬戸口勉厩舎から02年11月に京都競馬場でデビュー。03年には、当時、短期免許で来日していたM・デムーロとのコンビで春2冠を制覇。しかし、菊花賞では3着に敗れ、惜しくもクラシック3冠を逃した。04年の春の天皇賞10着を最後に、故障のため引退。通算成績は13戦7勝(うちG12勝を含む重賞5勝)。種牡馬としては、初年度産駒からアンライバルド皐月賞)とロジユニヴァース日本ダービー)を輩出。他にも、日本調教馬で初めてドバイワールドCを制したヴィクトワールピサを送り出した。

 M・デムーロは、自身のインスタグラムで「ネオユニヴァース、あなたにお会いできて私はとてもうれしかったです。あなたは間違いなく私の人生を変えてくれました。これからも変わらず心の中であなたを思っています。本当にありがとう」とコメントした。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す