スマートフォン版へ

【フラワーC】ユーバーレーベン気合十分 丹内「自信を持って行ける」

  • 2021年03月18日(木) 06時00分
 「フラワーC・G3」(20日、中山)

 当初予定していたチューリップ賞を軽いセン痛で自重したユーバーレーベンが、いよいよここから始動する。

 丹内を背にした美浦坂路での最終リハは17日、スプリングSに出走予定のアサマノイタズラ(3歳1勝クラス)と熱のこもった併せ馬。終始馬体をビッシリ合わせて4F53秒4-39秒0-12秒4のタイムで併入した。

 1週前にも騎乗した丹内は「(先週は)おとなし過ぎて正直、アレッと思ったけど、きょうはだいぶピリッとしていた。先週のままなら厳しかったけど、きょうの感じなら自信を持って行けますね」と表情を崩した。

 阪神JFでは2歳女王ソダシから鼻+首差の3着。今回のメンバーに入れば実績は断然だ。2週連続でコンタクトを取った鞍上は「回ってきたチャンスなので、一生懸命乗りたい」と力を込めた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す