スマートフォン版へ

【阪神大賞典】アリストテレス悠々最先着 重賞連勝へ態勢万全!音無師手応え十分

  • 2021年03月18日(木) 06時00分
 「阪神大賞典・G2」(21日、阪神)

 重賞連勝に向けて態勢は万全だ。AJCCを制したアリストテレスは17日、栗東CWで3頭併せ。最後まで楽な手応えのまま、悠々と最先着を決めた。春の大目標である天皇賞・春(5月2日・阪神)へ、弾みをつけるか。

 まさに充実一途だ。アリストテレスは松若(レースはルメール)を背に、サイクロトロン(4歳オープン)、ミッキーマインド(6歳2勝クラス)と栗東CWで3頭併せ。直線半ばで軽く促されると瞬時に加速。僚馬2頭を一気に引き離し、6F82秒9-38秒0-12秒2で楽々と最先着を決めた。

 鞍上は「抜け出してからもしっかり反応してくれましたし、いい追い切りでした」と満足そうにする。見届けた音無師も「先週も良かったけど、今週の方が動きは良くなった。体も先週の時点でできているしね。出来に関しては問題ない」と手応えは十分だ。

 前走後はここに照準を定めて調整。指揮官は「長いところを2回使うことになるが、今回は(長距離)輸送もないしね。三千の方が流れもゆっくりになって、疲れも残らないと思うから」と説明する。デビュー前には430キロ台だった馬体も、今回の放牧から帰厩後は500キロ(前走時478キロ)に。「まだ成長の余地がある。今で80%できたくらい」と、着々と完成の域へと近づいている。

 ルメールも「G1レベルの能力がある。すごく乗りやすいし、パワーアップしている。楽しみ」と期待は大きい。もちろん最大のターゲット天皇賞・春だが、「(阪神)大賞典も勝ちたいね」と師。重賞連勝を決め、念願のG1制覇に王手をかける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す