スマートフォン版へ

【阪神大賞典 予想】アリストテレスの重賞連勝に期待

  • 2021年03月21日(日) 06時05分
 1着馬には天皇賞・春への優先出走権が与えられる重要な1戦。とくに今年の場合は京都競馬場が改修工事のため、阪神競馬場で天皇賞が行われるので見逃せないレースになった。

 ◎アリストテレス菊花賞コントレイルを苦しめ2着。不良馬場で行われた前走のアメリカジョッキークラブCで重賞初勝利を記録した。昨年の今頃は惜敗を繰り返していたが、キャリアを積みながら力をつけ、今では堂々とGIレースを狙える位置まで成長した。ここまで10戦して4勝2着5回という堅実な競走成績に加え、別定重量56キロも有利。重箱の隅を突くような話をすれば、逃げ、先行馬が不在の1戦で極端なスローペースになったとき、天皇賞・春に向けて悪い影響が残るようなレースにならなければよいと思うが、ルメール騎手だけに杞憂に終わる可能性が高い。

 ○ユーキャンスマイルは昨年の優勝馬で、天皇賞・春4着。昨年秋はアルゼンチン共和国杯から復帰し58キロのハンデで4着だったことを考えればジャパンC有馬記念の内容には物足りなさを感じる。ダイヤモンドS優勝など、これまでの成績から左回りがよりベターだとは思うが距離を味方に上位進出を狙っている。

 ▲ディープボンドは、昨年の菊花賞アリストテレスからコンマ7秒差4着。京都新聞杯に勝ち、ダービーでも5着だから世代屈指の実力馬であることは間違いない。菊花賞ではレース序盤から積極的なレースをし、最後の直線では1度は先頭立つようなシーンもあったが、最後は力尽きた。中山金杯の内容には不満が残るものの、あの1戦だけで見限ることはできない。

 日経新春杯を勝った△ショウリュウイクゾにとっては試金石。前走の内容は良かったが53キロのハンデに恵まれた面も否定できない。今回は一気に4キロ増の57キロで、アリストテレスよりも重い斤量を背負うことになった。3000mも初めてとなるが、デビュー戦を除けば2000m戦以上を選んで使われてきており、距離延長を味方にできる可能性も十分。このレースの内容次第では天皇賞・春で無視できない存在になりそうだ。

 距離延長に望みを託すのは△ゴースト。全4勝を2000m以上であげており、うち3勝は2400m戦以上。前走は好スタートを切ったことが裏目に出たような1戦で、折り合いに苦労している間に位置取りが悪くなってしまったが、最後までバテてはいない。走りなれた右回りに戻って注目したい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す