スマートフォン版へ

魅力ある人柄…いつしか“信者”になっていた 岡田繁幸氏の死を悼む

  • 2021年03月20日(土) 12時53分
 マイネル軍団の総帥で有名な岡田繁幸氏が亡くなったことが19日、分かった。死因は不明。ちょうど71歳の誕生日だった。取材を通して岡田氏と関わりのあった競馬担当記者も“相馬眼の天才”と呼ばれた同氏の死を悼んだ。

  ◇  ◇

 突然の訃報にただただ驚くばかり。体調を崩して検査入院を繰り返されていたのは聞いていたが、まさか…。

 あれはプレイアンドリアルが、北海道から東京競馬場に入厩した時のこと。取材していたらちょうどオーナーも現れ、2時間を優に超えて語られたのには正直、閉口したのだが、それでも魅力ある人柄からだろう。いつしか自分は“岡田信者”となっていた。

 総帥を語る上で名馬コスモバルクは欠かせない。「地方競馬活性化のため、地方競馬関係者に勇気を持ってもらうため、地方競馬所属のまま中央のクラシックや大きなレースに勝つ。それが私の夢」とアツく語っていた。

 ナイママトラスト、エンで「英国ダービーに出走させたい」と話し、「“また岡田がホラ吹いている”とネットに書かれちゃうな」と楽しそうに笑っていたのが懐かしい。

 今頃は天国で多くの愛馬たちに囲まれているに違いない。オーナー、早過ぎますよ。いろいろ勉強させてもらいました。合掌。(デイリースポーツ・村上英明)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す