スマートフォン版へ

【スピカS】(中山) ミスニューヨークが人気に応え差し切り勝ち

ラジオNIKKEI
  • 2021年03月21日(日) 15時45分
中山9Rのスピカステークス(4歳以上3勝クラス・芝1800m)は1番人気ミスニューヨーク(加藤祥太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒1(重)。クビ差の2着に5番人気モンブランテソーロ、さらにクビ差の3着に6番人気グランスピードが入った。

ミスニューヨークは栗東・杉山晴紀厩舎の4歳牝馬で、父キングズベスト、母マンハッタンミート(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は11戦4勝。

レース後のコメント

1着 ミスニューヨーク(加藤祥太騎手)
「力があるのは分かっていましたし、自信がありました。自分のリズムで走らせることを心がけましたが、良い脚を使ってくれましたし、ここでは力が違いました」

2着 モンブランテソーロ(津村明秀騎手)
「馬場を考慮して前半はじっくり行って、3コーナーから外へと考えていましたが、上手くいきました。前進気勢がある分、この馬場をこなしてくれましたが、本当は良馬場の方が良い馬です。それでもよく頑張ってくれました」

3着 グランスピード(戸崎圭太騎手)
「前目の良い位置を取って、リズム良く行けました。馬場の良いところを通れましたし、頑張ってくれました」

6着 クロミナンス(川田将雅騎手)
「道中はリズム良く走れていましたが、3、4コーナーの馬場の悪い所で進みづらくなってしまいました。それでも最後まで頑張っています。とてもいい馬ですし、今日は馬場の分このような結果になってしまいましたが、乾いた馬場なら改めて期待できると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す